• 2016.7.8
  • 光浦靖子が語った、自分に素直になれない恋愛ベタ男女の心理解説とその解決法 はコメントを受け付けていません。

光浦靖子が語った、自分に素直になれない恋愛ベタ男女の心理解説とその解決法

自分に素直になれず恋愛も人間関係も不器用な人はどうすればいいの?

わたしたちは周りに自分の事をわかって欲しいという強い願望を持って生きています。

でも、あれこれ余計な事を考えすぎて結局自分に素直になれず鎧を着ながら人と接してしまいます。

鎧を着たままでは恋愛も人間関係もうまくいかないのがわかっているのに鎧を脱ぐことが出来ない心理って何なんでしょうか?

その心理解説と誰にでも出来る解決法をわたしたちに教えてくれるのは芸人の光浦靖子です。

スポンサーリンク

自分に本当の事を教えてくれる人がいない不幸

光浦靖子さんはお前より私のほうが繊細だぞ!【電子書籍】[ 光浦靖子 ]において職場の怖い女上司(40代独身)に悩まされている30代男性の質問に対してこう答えています。

「おそらく、彼女は昔は仕事の出来るいい部下だった。ただ、周りも自分と同じくらい出来て当たり前だと思ったのが悲劇の始まりだった。」

「自分が上司になった時、昔の自分と同じレベルの事を部下に要求して部下に恐れられるようになった。」

「『ただでさえ緊張している部下にプレッシャーを与えるなんて馬鹿じゃないの!』と言ってくれるオカマの友人がいなかった。」

こんな感じで最早軌道修正不可能なレベルになり周囲から嫌われている事を自覚しながら鎧を着続けるしかないなんて不幸すぎます。

鎧を着続けて自分を守っても得られるのは孤独しかありません。

そして鎧を着続けて孤独に苛まれたのは独身女上司だけではなく、光浦靖子自身がそうだったのです。

光浦は【意地悪を言う女】のイメージが強く、若い女の子は光浦にビビりながら接したそうです。

光浦自身は若い世代の子達と普通に接しているつもりが、何故か周りから「若い子をいじめている」と言われる理不尽な目に・・

そこで、誰とも目を合わせない、話をしない、気配を消す努力をしたら今度は「無視された」と言われる展開に・・

どう転んでも悪く言われる状況に頭を抱えた光浦は起死回生の策に出ます。そして、これが大当たりしてしまいました。

スポンサーリンク

光浦靖子は語る・・「下には平和の粒子がいっぱい含まれている」

光浦はある男性としたデートの口約束をきっかけにエロい妄想にふけるようになります。

彼のアレが自分のアソコに・・的な感じでエロ妄想に没頭していると自然と目じりが下がり、鼻の下が伸び、表情筋が緩んできます。

すると、表情が柔らかくなるので光浦はだんだん周りから怖がれなくなりました。

そして、いつの間にか「なんか、最近雰囲気変わったよね」と好意的に受け取ってもらえ、人間関係が円滑になったそうです。

実際には只々エロい妄想をしていただけなのに・・(笑)

エロい妄想に没頭することで出来る心の隙が幸福を呼ぶんですね、きっと。

この本には他にも

〇女子力に振り回される奴はバカ

〇舞台やって大久保さんだけが褒められると腹が立つ

〇スギちゃんの真似をするクソオヤジを優しく殺してカモにする方法

〇勝間和代みたいな女性を捕まえて専業主夫になる方法

こんな感じで身も蓋もない本音を炸裂させて読者のしょ~もない質問に真面目に向き合ってます。

光浦靖子の言霊は自分に素直になれず恋愛や人間関係をこじらせているあなたに新たな気づきを与えてくれるはずです。では、また・・

好きなの押して応援してください

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活</p>
<p><p style=”text-align: left;”>スポンサーリンク<br />
<script async src=

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る